「まなぶ」の語源は「まねる」である


 さて、前回まででSAIの基本的な機能と使い方を説明しました。
 しかし、それがわかったからといって絵が描けるようにはなりません。

 描くことに 慣れる 近道として、 トレース と 模写 をお勧めします。

 トレース とは既にある絵を上からなぞっていくことです。
 模写 とは既にある絵をよく観察して、それと同じ絵を描くことです。
 上からなぞっていくだけの トレース のほうが 模写 よりも簡単です。
 なので、この講座では トレース の仕方を説明します。


トレース元絵の準備


 トレースとは既にある絵を上からなぞっていくことと言いましたが、
 どの絵をトレースするかはかなり重要です。
 モチベーション維持のためにも自分の好きな絵にすべきです。
 しかし、あまり複雑な絵では挫折してしまうので注意しましょう。

 トレースする絵は各自パソコンに用意してください。
 ネット上にある好きな絵をダウンロードしてもいいですし、
 好きなマンガの1コマをパソコンに取り込んでもいいです。
 スキャナーが無いって人は携帯で写メしてパソコンに送りましょう。

 ポケットモンスターSPECIAL1巻より

 ここでは例としてこのピカチュウをトレースしてみたいと思います。
 (携帯で写メしてパソコンに送りました)

 ※ SAIで開けるファイルは【.sai】【.pds】【.bmp】【.jpg】【.png】【.tga】です。
    【.gif】などその他のファイル形式の画像は開けないので注意してください。


トレースする準備


 SAIを起動したらメニューバーの ファイル から キャンバスを開く を選択してください。

 メニューバーの「ファイル」から「キャンバスを開く」を選択

 次に用意した絵を選択して 開く を押してください。

 用意した絵を選択して「開く」をクリック

 すると下図のように、選択した絵がSAIで開かれます。

 選択した絵がSAIで開かれる。

解像度・サイズの変更


 さて、トレースする画像を開いたらさっそく描き始めたらよいのですが、
 その前に絵の大きさを変える方法を説明します。


 @ : 表示の拡大縮小

   絵を拡大表示・縮小表示するには、キャンバス上でマウスホイールを回転させるか、
   クイックバーにあるボタンを押します(下図赤線枠部参照)。

  クイックバーにある拡大表示、縮小表示のボタン

   この方法では「表示」の倍率は変更できますが、
   実際に絵が拡大・縮小されるわけではありません。


 A : 解像度の変更

   実際に絵を拡大・縮小させるためには、
   メニューバーの キャンバス から キャンバスの解像度変更 を 選択します。

   「キャンバス」から「キャンバスの解像度変更」を選択

   続いて出てきた画面で、横ピクセル数 と 縦ピクセル数 の値を変更し、
   OK を押すことで絵を拡大したり縮小したりすることができます。

   「横ピクセル数」と「縦ピクセル数」の値を変更して「OK」を押す。


 B : キャンバスのサイズの変更

   キャンバスのサイズを変更するには、
   メニューバーの キャンバス から キャンバスのサイズ変更 を 選択します。

   「キャンバス」から「キャンバスのサイズ変更」を選択

   続いて出てきた画面で、 と 高さ の値を変更し、
   OK を押すことでキャンバスのサイズを変更することができます。

   「幅」と「高さ」の値を変更して「OK」を押す。

   ちなみに、例のピカチュウの画像のキャンバスのサイズは 幅640、高さ480 です。
   それを 幅960、高さ720 に変更してみると下図のようになります。

   「幅960」「高さ720」に変更

   もとのキャンバスのサイズよいも大きい値に変更したため、
   その分キャンバスが大きくなり、描ける領域が広くなりました。

   また 幅320、高さ240 に変更してみると下図のようになります。

   「幅320」「高さ240」に変更

   もとのキャンバスのサイズよいも小さい値に変更したため、
   その分キャンバスが小さくなり、描ける領域が狭くなりました。

   キャンバスが狭くなったことにより消えてしまった部分(下図の赤い部分)は、
   表示されていないだけです。実際には消えていません。

   赤い部分は表示されていないだけで、消えてしまったわけではありません。

   キャンバスのサイズを大きくすれば、表示されるようになります。

   ※ 保存形式によっては本当に 消えてしまう ので注意してください。


保存


 作業途中の絵を保存するためには、メニューバーの ファイル から行います。

 初めて保存するときは、必ず キャンバスを別名で保存 で保存してください。 
 ( ファイル より キャンバスを別名で保存 を選択します)

  「ファイル」から「キャンバスを別名で保存」を選択

 「場所」は任意の保存場所を選んで、「名前」も好きな名前を入力してください。
 「種類」は SAI(*.sai) を選択します(下図参照)。

  

 OK を押せば保存完了です。
 2回目以降の保存のときは ファイル の キャンバスを保存 をクリックしてください。

  「ファイル」から「キャンバスを保存」を選択


 保存のファイル形式は必ず SAI(*.sai) であるか確認してください。

 保存前
 保存後

 上図の上側が保存前、下側が保存後のタイトルバーの状態です。
 保存前は .sai の後ろに (*) が表示されています。
 保存後は (*) が消えますが、このときファイル名の最後が .sai か確認してください。

 ※ 初めて保存をする場合は、
    .sai (*) ではなく .jpg (*) や .png (*) になっている場合があります。
    その場合でも、保存後のファイル名の最後が .jpg や .png ではなく
    .sai になっているかどうか必ず確認してください。

 .sai になっていない場合は、 キャンバスを別名で保存 を再度試してみてください。


 ※ .sai 以外の形式で保存した場合、レイヤーが統合されて1枚になってしまったり、
    透明な部分が白色で塗りつぶされたり、非表示のレイヤーが保存されなかったり、
    ペン入れレイヤーが通常レイヤーになり制御点が使えなくなったりします。


フレームが表示されていない方はこのリンクをクリックしてください。

BACK << TOP >> NEXT

inserted by FC2 system